不動産の売買などで重要な登記制度

不動産とは土地または建物のことを言います。

お客様に相応しい加古川の住宅展示場に関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

持ち運べるものを法律上、動産という言い方をしますが土地建物は持通常ち運べないので、文字通り不動の物という意味です。
土地や建物の取引は一般的には高額のため、一般の動産取引とは異なる規制が敷かれています。

名古屋のデザイナーズマンション情報サイトです。

間違いや誤解などに基づいて取引したりすれば大変な損害となる恐れがあるので、法規制も不動産に関してはいろいろな取引安全策を取っているのです。

越谷の新築一戸建ての最新情報を紹介しています。

代表的なのが登記制度で、土地や建物への所有権や抵当権などの物権は登記によって権利を表示するというものです。

さいたまの不動産売却情報に対応した情報サイトです。

誰でも取引をする際に土地建物の所有者はだれか、不動産に抵当権が設定されていないかを知ることができるようにしないと、土地建物を買っても抵当権を行使され失う恐れがあるからです。

名古屋の分譲賃貸マンションの知識を増やしてみませんか。

このようなことがないように、明示的に不動産への諸権利を表示することが大切となります。

http://news.yahoo.co.jp/search/?p=%E5%88%A5%E8%8D%98+%E8%BB%BD%E4%BA%95%E6%B2%A2&ei=UTF-8&b=31

そのため登記によって権利を公示することが他者への対抗要件とすると法で定められているのです。

不動産の売買には事前に必ず登記を確認して、その土地建物への権利関係を明らかにしたうえで取引をするのが取引の安全にとって重要ですから、土地建物の売買の際には登記された事項は宅地建物取引士が重要事項の一つとして説明することとなっています。

http://www.asahi.com/topics/word/%E5%90%89%E9%87%8E%E7%94%BA.html

土地や建物への権利の登記の情報は法務局へいって一定の手数料で誰でも閲覧できるようになっているので、宅地建物への営業を行う会社などはそこから情報を経て営業戦略を練るということが行われています。

https://okwave.jp/qa/q5408981.html

関連リンク

不動産投資についての基礎知識


不動産投資はいまやサラリーマンや専業主婦でも気軽に行っていますが、その理由は一体何でしょうか。不動産投資が気軽になったのは、昔に比べると安い費用で不動産を購入することができるようになったからです。...

予算に合わせたリフォーム活用方法


住宅が築30年を超え始めると、様々な故障や老朽化が発生してくることになりますので、取り壊して新築を立て直すか、あるいはリフォームをしてみるか迷っているという方が多いようです。しかし、新築するとなると費用が掛かるので踏み出せないでいるという方も少なくはないと思います。...