iPhoneのバッテリー消費を抑えるには

TOP > iPhoneのバッテリー消費を抑えるには

iPhoneのバッテリー消費を抑えるには

iPhoneのバッテリー容量は、機種にもよりますがインターネットの連続利用で約半日程度です。

しかし、利用時間は各種設定によっても大きく異なります。
バッテリーの消耗を抑えるためには、消費電力を抑える設定にする必要がありますが、ワイヤレスの設定もその一つです。iPhoneで使用できるワイヤレス機能には、Wi-FiとBluetoothがあります。

ソフトバンクのiPhoneの有益な情報を提供します。

Wi-Fiは周囲のLANに接続してLAN内のデバイスと通信したり、インターネットに接続したりするもので、Bluetoothは周囲のデバイスと1対1で通信するための機能です。いずれも有効設定にしている場合は接続対象を検索することがあり、通信を行う際に電力を消費するため、バッテリーライフに少なからず影響を与えます。もしこれらのワイヤレス機能を使用しない場合は、無効設定にすることでバッテリーの消費を抑えることができます。


バックグラウンドで動作しているアプリのタスクを切ることも、バッテリー消費を抑えることに繋がります。

アプリを閉じると一見動作していないように見えますが、実際にはアプリがメインメモリの容量を圧迫していない限りは、完全に停止されずにメインメモリ上に常駐されたままになっています。



この状態では停止したはずのアプリがバックグラウンドで動作しているため、バッテリーを消費し続けます。

アプリがバックグラウンドで動作しないようにするには、タスクマネージャアプリなどでアプリのタスクを完全に切るか、バックグラウンド更新をオフに設定することで、iPhoneのバッテリー負担を減らすことができます。



Copyright (C) 2016 iPhoneの購入の仕方 All Rights Reserved.